press03


アトリエオモヤ Atelier OMOYA

アトリエオモヤは,複数のアーティストからなるクリエイティブ集団。
2003年に東京の下町の元銭湯の母屋(おもや)部分をアトリエとして活動を始めたところから名づけられた。
代表の鈴木太朗を中心に、メンバーが流動的に入れ替わりながら、
プロジェクトごとに違った感性が集うことで新たなかたちの芸術を志向する。

P1000350


「水が水に見えなくなった瞬間、
ビー玉がビー玉に見えなくなった瞬間、
アートが生まれる。」

アトリエオモヤは,誰もが知っている光や水、生き物の動きといった、
日常の中のささやかな自然や物理現象をアートに再構成することで、新しい驚きを与える。

「アトリエオモヤの作品を目にした時、触れた時、
僕たちが体験した発見や驚きを共感してほしい。
そこに新たな経験や感動が生まれてほしい。
純粋だけど難しいこだわりを持っています。」

と表明するように、
アトリエオモヤは素直に楽しさ・美しさを追求する芸術を目指している。

wl_m10